低容量ピル 副作用

ヤスミンピルは副作用が少なく人気

経口の低用量避妊薬、いわゆる低用量ピルと呼ばれる薬にはいろいろな種類があります。

 

 

こういった避妊薬では一般的には体に水分を溜めやすくなるのでむくみが起こったり、体重が増加しがちといった副作用が知られていて女性にとっては気になるところです。

 

 

こうしたむくみや体重増加を起こさない経口避妊薬として開発されたのがヤスミンという薬です。

 

 

利尿作用のある成分を加えるなどして、これまでの第三世代までの経口避妊薬に見られた副作用が大幅に少なくなっていることからヤスミンは第四世代のピルとも呼ばれています。

 

 

飲み方は、月経開始から服用をスタートし、21日間飲んだら7日間休みまたスタートというサイクルです。

 

 

現在の日本国内では、このヤスミンの薬局などにおける販売は禁止されていて購入には医師の処方箋が必要というきまりになっています。

 

 

ただし、インターネット経由などで自己責任のもと個人輸入をすることはできます。

 

 

法律で認められた個人輸入を代行してくれる業者もたくさんあります。