ヤスミン ピル

避妊効果が高く、副作用が少ないヤスミン ピルを使ってみたい

女性の方は、妊娠を望んでいない場合は、きちんと避妊を行う必要があります。

 

 

産婦人科で、避妊薬のピルを処方してもらった経験のある方が多いですが、副作用で体重増加が気になっている方が多いですね。

 

 

ヤスミンピルは、ホルモンのアンバランスが原因で起こる体重増加を防ぐために開発した、低用量ピルです。

 

 

ニキビを気にしている方が多いですが、ニキビができにくい医薬品です。

 

 

40代以降の更年期の女性の体調を改善する効果も期待できるので、使ってみたいと思っている方が増えています。

 

 

服用の仕方は、生理の初日から21日間続けて服用をして、7日間服用をやめることでこの間に生理が訪れるようになっています。

 

 

服用する分量がわかりやすいため、飲み忘れをしにくい商品だと思います。

 

 

36時間以上服用をしないと、避妊効果が弱くなってしまうため、他の方法で避妊をする必要があるので注意をするようにして下さい。

 

 

これから、購入を検討している方は、個人輸入代行のお店を利用すると購入することが出来ますが、信頼できる正規品を取り扱っているお店を見つけておく必要があります。

 

 

胃のもたれや胸がはったり、吐き気などの副作用が見られる場合があります。

 

 

通販を利用して購入する場合は、自己責任になるため注意をするようにしたいですね。

 

女性の体調を改善してくれる役割も持っています

肝臓病や腎臓病、心臓病などの持病のある方は、念のために医師の診察を受けるようにして、服用できるか医師の許可を得てから正しい量を使用するようにして下さい。

 

 

正しく服用をするようにすると、安全性の高い医薬品ですし、避妊効果が高く身体がむくみにくいです。

 

 

産婦人科で処方されているピルで、体重が増加してしまったり、ニキビや吹き出物が増えてしまった経験のある方は使用してみると良いと思います。

 

 

女性は、望まない妊娠を避けるために自分で体を守る必要がありますが、パートナーの男性とも避妊についてきちんと話し合うようにしたいものです。

 

 

男性には、性感染症を防ぐためにきちんとコンドームを着用してもらうようにして下さいね。

 

 

ヤスミンピルは、正規品を取り扱っているお店で購入すると、リーズナブルな価格で購入できるのが大きなメリットです。

 

 

副作用は、ほとんどの場合は心配がないですが、気になる症状が見られたら、すぐに服用を中止し、更に医師と相談をすることが必要です。

 

 

飲み忘れをしてしまうと避妊効果が弱くなってしまうので、21日間は正しい量を服用することがとても大事です。

 

 

眠気が起こる場合があるので、自動車の運転は十分に注意をしましょう。

 

ヤスミンピルは使いやすい避妊薬

ヤスミンピルは第四世代低用量ピルと呼ばれているものの一つです。

 

 

この大きな特徴の一つが副作用が従来のものに比べて大幅に緩和させることができたことです。

 

 

というのも、従来のピルではホルモンバランスが崩れやすかったものを改善させたからです。

 

 

そのため、今まで避妊用として利用していて体に合わなかった経験をしてきた女性でも、このピルならば利用できる可能性が高いです。

 

 

また使用法も従来のものよりも使いやすく、月経初日から服用し始めて1日1錠、なるべく一定の時刻に服用することです。

 

 

それを21日間毎日行うだけとなっています。

 

 

そして、21日後は7日間の休薬期間つまり服用しない期間を設けます。

 

 

その休薬期間に生理が起こり、生理が終わるとまたヤスミンピルを服用すれば避妊効果を得ることができるのです。

 

 

従来のピルでは一定の時間を空ける必要もあり、使い始めるタイミングなどもいろいろと計算して服用する必要があるため、本当に効果があるのかという猜疑心に囚われ精神的なストレスを感じる女性も少なくありませんでした。

 

 

しかし、ヤスミンピルならば休薬期間さえきちんと守れば使い方がシンプルであるため、その精神的ストレスを感じさせないというメリットもあるのです。

 

女性の更年期障害にも役だちます。

また、女性ホルモンに働くため更年期障害の症状の緩和にも効果的とされています。

 

 

更年期障害で利用するときは生理の2日目から7日目までに服用すると2週間効果が持続します。

 

 

避妊効果を求めるときは生理後に、更年期障害の症状緩和のときには生理中に服用する違いがあるので、そこは間違わないように心がける必要があります。

 

 

また、上記で副作用が緩和したと述べましたが、完全に副作用がなくなったというわけではありません。

 

 

たとえば、ピル本来の作用には血液を固まりやすくさせる性質があります。

 

 

そのため40歳以上の女性は血栓が出来やすい可能性があるため、利用するときは医師に相談してから使用の可否を決断することが大切です。

 

 

また同様の副作用のため、喫煙者や高血圧・心臓病・腎臓病などの病気を抱えている女性もまた利用するときには医師の指示が必要となります。

 

 

服用して何らかの異常があったときも医師へ相談することを忘れないようにしなければなりません。

 

 

このようにヤスミンピルは使用法も簡単であり、副作用も少ないため従来のピルからこちらに切り替える女性も増えてきています。

 

 

今までピルの使用を控えていた女性、経験したけど副作用が辛くて断念していた女性にも利用しやすい避妊薬となっているのです。